車査定・車種別の買取業者ランキング

全国にはたくさんの車買取専門店やディーラーや販売店がありますが、車種別に高く買い取ってもらえる業者をしっかりと理解をして、失敗しない車査定をしましょう。

軽自動車の査定ならどこ!?軽自動車の買取業者ランキング

最近では、軽自動車の新車販売台数が大きく増加しており、日本のマーケットで人気が高い車となりました。どこが一番高く買ってくれるのでしょうか?

軽自動車の査定にも強いガリバー

ガリバーは車買取専門店でありながら、最近では自社の販売を強化をしています。

大型の販売店を設置して一般ユーザに販売しています。一般ユーザーに人気のある軽自動車は、ガリバーで自社販売することができるため、通常のオークション価格より高く買い取ってもらえる可能性があります。

軽自動車の中でも、高年式または低走行の車は、相場以上の査定額がつく可能性があります。軽自動車の査定ならガリバーと交渉してみましょう。

軽自動車の販売に強いビッグモーター

ビックモーターは以前はハナテンという車買取専門店を運営していました。

最近、ブランド統一によってビックモーターで車買取を行っています。ビックモーターは、もともと車販売に強いため、自社で販売できる車に関しては高く買い取っています。ガリバーと同様に、一般ユーザーに販売するため、最近では軽自動車の高価買取を行っています。

車買取専門店のアップル

アップルは、ガリバーとビックモーターに次ぐ、車買取専門店の大手といっていいでしょう。

アップルも、自社の販売を行っているため軽自動車を高く買い取ってもらえる可能性があります。

外車を高く売るならどこがいい?外車の車査定サービス

輸入車は、日本車と違い少し特殊な車になりますので、外車の取扱いが少ない買取店に査定してもらっても相場の金額までも出ません。どこで査定してもらうのが良いのでしょうか?

カービュー一括査定

カービューの一括査定には大手買取専門店以外の輸入車専門店や、地元の販売店なども参加をしているケースがあります。

カービューの一括査定が他の一括査定サービスと違うところは、依頼者自身が査定の会社を選べるというところにあります。あなたの住んでいる住所の郵便番号を入力すると、該当する車買取店が表示され、レ点チェックで買取店などを選択することができます。もちろん全ての買取店に査定を選択することもできますし、輸入車であれば輸入車買取専門店のみを選択することもできます。

車種を絞って査定をしたい場合にお勧めの一括査定サイトです。

カーセンサー一括査定

カーセンサーの一括査定は、車購入のポータルサイトを運営しているリクルートが運営している一括査定サービスです。

カーセンサーに掲載している業者の全てが参加しているわけではなく、大手の車買取専門店をはじめとして、車買取に強化している業者が一括査定に参加しています。その中には輸入車を専門とする業者も含まれていることもありますので、カーセンサー一括査定もおすすめです。

ズバット一括査定

ズバット一括査定もカービューやカーセンサーの一括査定と同様に、一度の査定申し込みで複数の業者から見積もりを取れるサービスです。大手の車買取専門店や販売店などが参加しています。

ディーゼル車を高く査定してくれる業者はどこだ?

トラックやハイエース・キャラバンなどの商業車に多く使われているディーゼルエンジン。最近では環境問題の観点から昔のディーゼルエンジンとは異なりますが、それは日本国内の話であって海外では、日本車のディーゼル車はすごく人気があります。どの様な業者が一番高く査定してくれるのでしょうか?

ディーゼル車なら輸出業者に査定してもらおう

輸出業者は、主に車体を海外へ輸出をしています。

輸出業者の販売方法としては、インターネットなどのポータルサイトで販売をするケースと、海外バイヤーと直接メールのやりとりや、Skypeのやりとりを行って販売するケースがあります。

ディーゼル車の場合は、海外で非常に重要が高いため、海外のバイヤーと直接やりとりができる輸出業者であれば、ディーゼル車の車種や年式や走行距離や型式を海外バイヤーに連絡をして、査定額を海外バイヤーから出してもらうことができます。

あなたの車を輸出業者に査定してもらったときは、輸出業者は海外バイヤーにも査定をしてもらうため、実質あなたの車を海外バイヤーが査定しているともいえるでしょう。

ディーゼル車の場合は、商業用として利用することもできるため、海外では高く売れることがあります。

コンディションが悪いディーゼル車や不動車は解体業者に相談しよう

ディーゼル車を解体業者に売却するメリットとしては、エンジンが動かない車であっても高く買い取ってくれる可能性があるということです。

エンジン自体はかからなくても、エンジンの中身が故障していなければ問題ありません。一般ユーザーの方は、エンジンの中身をチェックすることができませんので、分かりにくいかもしれませんが、セルが回るけどもエンジンがかからない!という場合に関しては、解体業者の査定では大きな減額対象にはなりません。

この査定方法は、解体業者独自の査定方法と言えるでしょう。ただし、ディーゼル車の全てが高い金額で買い取ってもらえるわけではありません。解体業者も海外へ部品を輸出するため、海外で人気の車種のエンジンまたは車種になります。

商業車の買取専門店を忘れずに

少し忘れがちなのが、商業車買取業者での査定です。

商業車の買取専門店は、日本の企業との取引に加えて、海外のバイヤーと直接やりとりを行っているためディーゼル車を高く買い取ってもらえる可能性があります。

商業車の買取業者の良いところは、建設業者等のディーゼル車のバンタイプやトラックを取り扱う業者に販売を行っているため、ディーゼル車の相場には1番詳しいと言っても良いでしょう。

建設業者の中には、年式や走行距離は気にしないけど、ディーゼル車が欲しいという業者もいます。ディーゼル車の方が燃料が安く、燃費もいいですもんね!

したがって、あなたの車を商業車の買取業者に査定してもらったときには、取引先などから注文を受けているケースもありますので、売先が決まっているというケースもあるかもしれません。

古い車の査定をする業種ランキング

古い車は廃車とも言われ、査定額が付かないとも言われていますよね。そんな古い車でも高く買い取ってくれる業種とは?

コンディションがよければ廃車買取業者で結構高く売れるかも

古い車を高く買い取ってもらえる業者は廃車買取専門店でしょう。

廃車買取専門店は、古い車や走行距離が多い車や、ディーゼル車を高く買い取ってもらえるケースが多くあります。

その理由としては、全国の輸出業者や解体業者、または商業車の買取業者と提携をしているため、その業者に販売する事ができるからです。一般ユーザーは、自分の乗っている車を直接販売してくれる買取業者に売ることが1番望ましいのは言うまでもありませんが、どこが1番高く買ってくれるのかっていうことや、自分の乗っている車の販売に強い会社はどこなのか?っていうのは、なかなか知ることができません。

一括査定も、それを手間なく見つけることができるサイトとして多くの人が利用しています。

車の廃車買取専門店も同じように考えても良いと思います。あなたの乗っている車を、廃車買取専門店に査定してもらったときには、廃車買取専門店のスタッフは、全国の輸出業者や解体業者の販売が強い業者別に振り分け、1番高い業者の販売額が査定額として一般ユーザーに提示してくれます。

不動車ならやっぱり解体業者の査定が一番

解体業者に売る場合は、主に不動車や事故車が良いでしょう。

なぜならば、解体業者は車体で売却せず、部品を分解して販売します。エンジンや外装・内装だけではなく、ハンドルやヘッドライトなどかなり細かく部品に分けます。その部品一つ一つに価格を設定をして、海外のバイヤーへ売却するのです。

古い車であっても、走行距離が多い車であっても、海外で需要のある車に関しては、海外で使用していても故障するわけですから、一つ一つのパーツが必要になります。車によって価格は変わりますが不動車や事故車に関しては解体業者に査定してもらうのがよいでしょう。

輸出業者も古い車の査定が得意

古い車でも、輸出業者は高く買い取ってもらえる場合があります。

日本の車は海外で凄く人気があり、古い車や走行距離が多い車でも高い価格で取引されているケースがあります。

特に、後進国に関しては高い車を購入することができないような経済状況であるため、古い車を安く購入をして、輸入した後に大切に車を乗っています。輸出先は、アフリカが多く特にトヨタ車が高く売れます。

あなたの乗っている車を輸出業者に査定に出したときには、輸出業者は海外バイヤーにいくらで車を買ってもらえるのか?ということを確認をして1番高く買ってもらえる海外バイヤーの価格があなたの車の査定額になります。

スポーツカーの買取業者・業種ランキング

スポーツカーは高額な価格で取引されるケースがあるため、査定してもらう業者は慎重に選ばなければなりません。どの業種・業者に査定してもらうのがよいのでしょうか?

フェラーリなどの査定ならフェラーリの専門店のみで良い

フェラーリといえば世界的に最高級のスポーツカーと言う認識の方も多いと思います。

フェラーリの買取専門店は、フェラーリの相場を1番知り、フェラーリの知識を1番持っています。

したがって、特にフェラーリなどの高級車に関しては、通常のディーラーや車買取専門店で正確な査定額を出せない場合があります。その理由としては、フェラーリの場合は修復歴が非常に分かりにくいと言うことです。日本車の場合は、事故した後に修理をしても、通常査定したときに修復歴が分かります。しかし、フェラーリなどの高級車やベンツなどの輸入車などは、修復歴が非常に分かりにくく、車買取専門店等の輸入車の専門店でない会社は、事故歴があるかどうか分からないリスクに恐れ、査定額としてはどうしても安い金額になります。

フェラーリを売却するときは、フェラーリの知識を1番持っている専門店に依頼するのが無難です。

スカイラインの査定も専門店が良い

最近では、スカイラインGT-R専門店なども多く見かけるようになりました。

スカイラインGT-Rは、新しい年式の車より古い年式の車の方が高い金額がつくことがあります。

スカイライン専門店が高価買取できる理由は、GT-Rのように少しレアな特殊な車に関しては専門店であれば管理ユーザーとして数百人程度のユーザーを抱えており、その様な人は、スカイラインを売却しても違うスカイラインを購入することが多い為、在庫を持っていればいつか売れるという仕組みになっています。

GT-Rのような車は、通常の販売店から購入するケースは少なく、一般ユーザーはスカイラインの専門店から購入するため、1番販売ができる確率が高い業者ということになります。

自社で直接販売をするわけですから、他の会社よりも高く買取ができるということです。

まとめ

どこの買取業者が1番高く査定してくれるのか?ということではなく、

自分の乗っている車の販売に強い業者を見つけましょう。日本であまり流通していない車に関しては、必ず専門店に査定をするようにした方が良いです。あなたの乗っている車のことをあまり知らない業者に売却すると、すごく安い査定額が出てきます。しっかりと確認をして失敗をしない売却をしましょう。

車査定の価格を決める相場の基準を知っておこう

車の売却は頻繁に行うものでは無い為、ディーラーや販売店また車買取専門店から伝えられた査定額が、相場より高いのか安いのかと言う判断はなかなかつかないと思います。そもそも車買取店や、ディーラーはどの相場を見て査定額を決定しているのでしょうか?車査定相場のチェックの方法について知っておくと交渉が有利に進みます。

車査定をする業者が見る相場表とは

ディーラーや車買取専門店が確認する相場表とは?何の価格を見て査定額を決めているのでしょうか。

オートオークションの相場表(業者専門AA)

車買取専門店や販売店が見る相場表で最も多いのはオークションの相場情報でしょう。

オートオークションは全国に100カ所以上あり、そこで売買をされた取引価格を参考に査定額を算出をします。オークションでは、車の状態別に評価点とつけられ、0点から5点の評価点がつけられます。評価点は、コンディションが良い車は5点、コンディションが悪い車または事故車を0点というように評価額を決めています。

車買取専門店などは、オートオークションの相場表を見ながら、査定している車と似た車がないかを探します。オートオークションでは1年間に700万台から800万台もの車が取引されていますので、相場が出ない車は相当珍しい車となります。

したがって、一般的な日本車に関しては、オートオークションで取引履歴を見て相場を確認をして査定額を決定します。オートオークションの相場を見て決定された査定額で一般ユーザー買い取った場合は、自社で直接販売ができなかったとしても、オークションで売却をすれば利益が出ますので車買取店は安心してユーザーから車を買うことができるということになります。

自社の販売実績から販売相場を確認する

昔は、車買取専門店は一般ユーザーから買い取った車を、全国のオークションで販売することが主流でした。最近まで買い取った車の90%以上の車がオークションで売買されている時代でした。

しかし、若者の車離れをはじめとして車の買取台数が減少傾向にあります。

したがって、車買取専門店は一般ユーザーから買った車を自社で販売するようになりました。大手の車買取専門店では、ビックモーターやガリバーが有名なのではないでしょうか?ビックモーターやガリバーは一般ユーザーから買い取った車を自社の在庫として抱え、大きな店舗を構えて一般ユーザーに直接販売をしています。一般ユーザに直接販売するメリットとしては、オートオークションより高い金額で売れるということです。

したがって、自社で売れ行きの車に関しては、オークション相場より高い金額で購入をしても、自社で直接売れるため自社の販売の相場を見て決定することもあります。

この場合は、オートオークションの相場より高い金額で買い取ることができるため、ディーラーや販売店よりも確実に高い金額で車買取専門店は車を買い取ることができるのです。

車査定の相場が高くなる時期とその理由

車査定の相場が高くなる時期はいつなのでしょうか?

車査定の相場が高くなるのは春

車査定の相場が高くなる時期は、主に3月から5月になります。

その理由は、新生活によって車の需要が増えることが挙げられます。特に、相場が高くなる車に関しては軽自動車です。新しく仕事をはじめた方で、車の通勤の方も増えるでしょう。大学生で車の免許を持っている方で、車を使うこともあるでしょう。基本的に需要が高まれば車の価格は上がりますので、3月4月5月は車の売却時期としては1番いい時期になります。

その他では、9月と10月も車の相場が高くなる時期にもなります。一概には言えませんが、海外では11月と12月に車の輸入を基本的にはストップするため、9月と10月にできるだけ購入をしておくというものになります。

車査定の相場が安くなる時期とその理由

車の相場が安くなる時期とは?

車査定の相場が安くなるのは年末

車の相場が1番安くなる時期は11月と12月です。

これは、日本のマーケットと海外のマーケットの両方に関係しています。日本のマーケットの場合は年末年始がありますよね。

車販売店は年末年始を自分ところの会社の在庫を保有をしながら年を起こしたくないため、出来る限り車を在庫となるような車を購入をしません。逆に業者も売る方が多いでしょう。年越しの際に、車の在庫を持ちたくない理由としては、車の価格は、年式または走行距離で決定されます。年を起こすと、年式が1年落ちることになりますので、車の価格が年明けに下がっているケースも十分あり得るというリスクを鑑みています。

海外のマーケットに関しては、年を超えると関税が変わるリスクが大きくあるため、海外のバイヤーは基本的に年末に車を輸入しません。

特にクリスマスやハッピーニューイヤーに関しては、海外ではすごく大きなイベントになりますので、日本の車のバイヤー自体が休日に入ります。海外からの引き合いも大きく減少し、日本の輸出業者はクリスマス以降はほとんど仕事をしないというのが現状です。それに加えて、海外のバイヤーは関税を気にして車を購入するわけですが、日本からアフリカ諸国などに輸出する場合は、船の到着に約1ヵ月程度かかります。関税は到着の日を基準としてかけられる税率になりますので、12月に車を輸出すると1月に海外に到着するケースもあり、その場合は税金が高くなるリスクがあるため、海外バイヤー年末は基本的に車を買いません。

車査定で相場より高く売る方法を知ろう

車査定で相場より高く売る方法としては、あなたの車を買い取った後に、自社で販売ができる業者です。

専門店にも車査定してもらおう

輸入車であれば輸入車の専門店に売るのが良いでしょう。トラックであればトラックの専門店に売るのが良いでしょう。最近は車買取専門店が自社で販売をしている業者もありますので、ハイブリッド車や軽自動車に関しては国内ユーザに売却ができるため車買取専門店が1番高く買えることもあります。

ネットの「どこよりも高く買い取ります」だけを信用しない

インターネット検索で「どこよりも高く買い取ります」というようなサイトや、業者とをよく見かけますが、実際のところは、車種によっては1番高く買い取ります!ということですので、勘違いしないことが大切です。少し難しいかもしれませんが、

自分が乗っている車がどこの業者に1番高く売れるのか=自分が乗っている車の販売に強い会社はどこか

という視点を持って査定をしてもらうのが1番高く売れる方法となります。

新車から初めての車検で相場はどのくらい落ちる?

新車を購入してからはじめての車検でどのくらいの相場が落ちるのでしょうか?

昔は半額になると言われていた

昔は新車からナンバープレートが一度つくと、価格は半額近くになると言われていました。最近でもそうなのでしょうか?

最近では、あまり値落ちしなくなっている

実のところは、昔と比べて車の保有台数は大きく変わっていませんが、車の保有期間が変わっているため、売却する人が非常に少なくなっています。

したがって、中古車の流通数が昔より少なくなっているため、車買取店や販売店が車を買うときには昔よりも高い金額で買ってくれることがほとんどになっています。

初めての車検といえば、軽自動車で2年、普通車で3年になりますよね。例えば、5,000,000円位の車であれば3年後であれば4,000,000円前後位の査定付くと予想されます。1,500,000円の軽自動車であれば、1,000,000円ちょっと、で売れることがあります。

もっとも、この場合は車のコンディションなどが重要になりますので、傷やへこみ等をつけることなく、できる限り外も室内も綺麗にしておくのが高く売れるコツといえます。

車査定相場のまとめ

車査定の相場は、一般的にオークションでの取引価格決まっていることがわかりましたよね。

それでも、それ以上の金額で売ることができないのか?っていうとそういうわけではありません。高く売れる時期、または高く買い取ってもらえる業者、それは車種別に異なるものです。自分の持っている車の相場がいくらであるかということを理解し、その中で1番高く売れる方法を見つけて売却をしましょう。