車の買い替えの時に比較してみた車査定と下取りの違い

車変え車を買い換えるときにディーラーや販売店から下取りの査定をしてもらいますが、車買取専門店の車査定とどちらが高いのでしょうか?メリットデメリットの観点両方の観点から見ていきましょう。

車下取りのメリットとは!?車査定と比較してみた

下取りのメリットとは?人それぞれ価値観が違いますので、自分にあった方法で車を売りましょう。

下取りは手間がかからない

下取りのメリットはとにかく手間がかからないって言うことに挙げられるでしょう。

例えば、ディーラーから新車を購入するときに下取ってもらうと、他の買取店に見積もりに行く必要もなく、無駄な時間を費やす必要がありません。

それに加えて、新車には値引きというものが設定されていますので、下取りがあることによって値引き額が大きく増加するという可能性もあります。

車下取りのデメリットとは!?車査定と比較してみた

下取りのデメリットとは?人それぞれ価値観が違いますので、自分にあった方法で車を売りましょう。

下取りは価格がすごく安くなることがある

下取りのデメリットとしては新車を購入するときに、納車待ちが2ヶ月または3ヶ月と長期にわたる場合に関しては、下取り価格が大きく下がる可能性があります。

下取りとは、あなたが車を下取り査定をしてもらったときの査定額ではなく、新車が納車されるときの査定額の想定して査定額として提示をしています。

したがって、例えば3ヶ月後に「これくらいの金額になるであろう」という金額を査定額として提示しますので、どうしても今の価格よりは下がってしまうというわけです。ですから、年末年始に関しては年式が1年落ちますので、新車の申し込みが年内にしたけれど、納車が年明けという場合は、査定額が大きく下がる可能性がありますので買い換える時期や下取りをしてもらう時期に関しては考えて行うことが必要だと思います。

車買取業者の車査定のメリットとは!?下取りと比較してみた

車査定のメリットとは?人それぞれ価値観が違いますので、自分にあった方法で車を売りましょう。

複数社で査定してもらうと、自分の車の価値も理解できる

車査定のメリットとしては、最近では一括査定サイトによって複数の業者に手間無く申し込むことができることだと思います。

車査定というものは複数社の査定を取って、他の業者と競わせることによって金額が上がる傾向にあります。最近では、一般ユーザの車の保有年数の長期化によって車を売却するユーザーがだんだん少なくなってきていますので、一つ一つの買取案件に買取専門店は頑張って買おうと思うわけです。

そのような競争の心理から、欲しい車があれば相場以上の価格で買い取ってもらえることも十分可能です。

車買取業者の車査定のデメリットとは!?下取りと比較してみた

車査定のデメリットとは?人それぞれ価値観が違いますので、自分にあった方法で車を売りましょう。

査定にかける時間を取らなければならない

車査定のデメリットとしては、複数社の査定を依頼した場合、査定の時間を費やさないといけないということにあります。

一般的に便利と言われる一括査定でもデメリットがあります。

査定を申し込むときは、1度の入力で複数社に情報提供することができるため、多くの業者からの査定を受けることができますが、その逆に複数社から多くの電話が鳴り響き、その業者の1社1社の実車査定に立ちあわなければなりません。相当暇な人であれば時間を費やすのは問題ないと思いますが、仕事が1忙しくて土日は家族と一緒にいたい!という方に関しては、なかなかオススメができません。

車査定は、一般的に30分から1時間の査定時間が必要となります。例えば5社に査定してもらった場合は、3時間~5時間の時間が必要になり、土曜または日曜日のどちらか1日が潰れてしまうことになるでしょう。

車査定よりも下取りの方が高く売れる場合がある

テレビやラジオなどのコマーシャルでも、下取りより高くで買います!と車買取専門店が広告を出していますが、下取りの方が高く売れる場合もあります。どんなときなのか確認しましょう。

交渉次第で下取りの方が高くなる

下取りの方が高く売れる場合があります。新車ディーラーや中古車販売店は買い取った車を販売して利益を得るのではなく、今在庫の車を販売をして利益を生んでいます。

したがって、販売する車で十分な利益を確保できる場合は、下取り車があまり利益が出なくても販売店やディーラーは構わないと思っていることもあります。逆に、他の販売店が下取り価格を高く付け、在庫の車gあ売れなくなってしまうことの方が業者は恐怖です。

車買取専門店の場合は、買い取った車を販売することで利益を生んでいますので、その分のアドバンテージがあると思って良いでしょう。

車査定の方が下取りより高く売れる場合もある

車を売るときに下取りより車買取業者の方が高く売れるケースもあります。それはどの様な時なのでしょうか?確認していきましょう。

あなたの車の販売に強い業者に出会えれば圧倒的に買取業者が高い

車査定の方が高く売れる場合の典型的なものは、複数社に一斉に見積もりを取ることができるため、あなたが乗っている車の販売に強い会社を見つけることができるというものです。

例えば、あなたがトラックを乗っていた場合、トヨタや日産などの新車ディーラーに下取りをしてもらうより、トラックの買取専門店に買い取ってもらった方が直接の販路を持っているので高く売れる可能性が極めて高いです。

また、古い車や走行距離が多い車に関しては、輸出会社や解体業者に売らなければならないでしょう。

トヨタや日産のようなディーラーや中古車販売店は古い車を買取りしても、その後には解体業者に販売するため、マージンを引いた査定額を提示しなければなりません。ですから、あなたの車が特に売れにくい車や、特殊な車両の場合は、複数の車買取専門店に査定をしてもらうことをお勧めします。

車査定 下取り 比較のまとめ

車査定と下取りのどちらが高いのかという比較に関しては、あなたが乗っている車や、色やコンディション、また売る時期や新車・中古車の納車まで待つ時間など様々な要因で変わることがほとんどです。

したがって、下取り査定をしてもらった後に、車査定を一緒にするべきだと思います。複数社(2社-3社)に査定してもらうと相場がしっかりと把握することができ、1番高く売却ができる方法だと思います。