自動車査定 見積もりのポイントとは!?

プロが自動車査定をする時に見積もりのポイントをご存知ですか?

車買取業者から自動車の査定をしてもらう時に、プロである車買取業者は何を確認し、どこを見るのか、自動車査定のポイントを把握しておくことによって事前準備が出来るだけでなく、業者との価格交渉も円滑に進めることができます。

自動車査定でプロがチェックするポイント

車買取業者が自動車査定の際に必ず必要となるのが車検証の情報、そして事故修復歴、そしてエンジンや外装内装の状態です。それぞれで車買取業者がチェックするポイントについてまとめました。

自動車査定ポイント1 車検証情報

自動車査定で必ずチェックするのが車検証の情報です。主に、初年度登録年月(年式)と登録年月日、そして車台番号を確認します。

ここでのポイントは、登録年月日が売却日と近い場合は売却の理由について必ず聞かれます。例として、登録年月日が3ヶ月前だった場合、自動車を3ヶ月だけ乗って売却するということになりますので、自動車の査定担当者は「なぜそんなに早く売るのか?」と疑問を持ちます。

自動車を売却するには理由があると思いますので、その理由を説明し査定担当者に納得してもらうことが大切です。

自動車査定ポイント2 事故修復歴の有無

自動車の査定額に大きな影響を及ぼすのが事故修復歴の有無です。

事故修復歴とは、以前に事故をしてしまって修復した歴があるかどうかという事です。今の日本の技術はすごく発展していて、事故をしても綺麗に修復すれば素人には分からないくらい綺麗に修理されます。しかし、自動車査定のプロの担当者は、事故修復歴の有無は自動車査定においてチェックし見分けることができます。

自動車査定ポイント3 走行距離の確認

走行距離は自動車の査定額を算出する際にすごく大切になります。

査定担当者が確認するところは、自動車の走行距離メーターと、車検証に記載されている走行距離に何らかの問題がないかということです。万が一、走行距離が実走行でなかった場合は、契約が無効になるように契約書が作成されていることがほとんどです。

自動車査定ポイント4 エンジン音とオイル漏れの有無

自動車の査定額は、コンディションが良い車であればあるほど高くなるわけですが、そこで査定担当者がチェックするポイントはエンジン音とオイル漏れの有無です。

エンジン音は、金属音のようなものが混じっていると減額対象になる事が多く、オイル漏れは滲み程度でも減額対象になるケースがあります。

自動車査定ポイント5 外装と内装の状態

外装で査定担当者がチェックするポイントとして、傷やへこみのチェックをすることはもちろんですが、板金塗装の跡がないかもチェックします。板金塗装の跡も事故修復歴と同様に、日本の整備や修理の技術が発展していることで、素人には板金塗装歴は分からないくらい綺麗に修理されていると思います。しかし、査定担当者はプロですので、外装をあらゆる角度からチェックし板金塗装歴を確認します。

内装において、大きな減額対象となるポイントはペット毛の有無と、タバコなどによる焦げ跡の有無です。特にペット毛は、完璧に取ることが難しく、見た目で綺麗に掃除されていてもペットアレルギーの方が乗るとアレルギー反応が出たりするくらいしつこいものです。ペットの乗車歴があると減額対象になることがほとんどです。

自動車査定で高く売るポイント

こちらでは自動車査定で高く売るポイントをご紹介します。大前提として自動車査定をする担当者は人間ですから、査定担当者に与える第一印象は非常に重要になります。

高く売るポイント1 自動車を綺麗にしておこう

査定担当者のチェックポイントで外装と内装の状態を確認することをお伝えしましたので、外装と内装を綺麗な状態にしておいた方が良いことは分かると思いますが、それと同じく自動車を大切に乗っていたかどうかも査定するときにすごく大切になります。洗車もせずに汚い状態の場合は、「この車は大切に乗られていない」と思う人が多く、その場合は査定額として減額対象とまではならなくても価格交渉をする上で、もう一歩の交渉がしにくくなってしまいます。

高く売るポイント2 査定価格の交渉をしよう

査定担当者との価格交渉は、自動車を高く売る為に必ず必要です。

査定担当者は、もちろん安くで買い取りたいわけですから、いろんな言い訳をしながら査定額を下げてきます。そういった場合は価格交渉が有効的ですが、価格交渉の方法として「他社の査定も受けている」ことを伝えて頂くのが効果的です。他社の査定も受けていることが分かれば、査定担当者としては買い叩けないことを理解しますし、成約するためには他社よりも高い査定額を付けなければならないわけですから、価格を下げられるどころか価格が上がるケースがほとんどです。

しかし、査定担当者は百戦錬磨のプロです。駆け引きしすぎると価格を吊り上げようとしていると思われ逆効果の可能性もありますので注意が必要です。

自動車査定ポイントのまとめ

こちらでは自動車を売却する際に、できるだけ高く売る為に必要な知識をまとめてみました。

自動車査定担当者がチェックするポイントを抑え、その対応策を事前に知っておくことは自動車査定を受ける場合において役に立つと思います。今まで大切に乗ってきた車「愛車」を売却するわけですから、後悔しないように事前チェックし対策しておきましょう。

これを見れば車の査定で失敗しない!車査定の新常識

車査定情報

車査定とは、いま乗っている車を売るときに、中古車買取店や販売店などに車の価格をチェックしてもらう為に受けるものです。

車査定で失敗しないために、車査定の新常識をお届けします!

車査定の情報サイトでチェックできること

車査定の情報をサイトを見て失敗しない車査定をしましょう。やり方次第で、数万円~数十万円程度の査定額が変わります。

1、全国の車査定 エリア別の情報まとめ

北海道から沖縄県の都道府県別に車査定の情報をまとめています。車が高く売れる都道府県はあるの?そうなんです。車査定で高く売れる都道府県もあるんです。その詳細を是非ご確認下さい。

全国の車査定 エリア別の情報まとめをご覧ください。

2、これを見れば安心だ!トヨタ車の査定を高く売る車査定ガイド

トヨタ車は海外でも非常に人気の高い車です。廃車同然の車でも高く査定してくれる!って聞きましたが、実際はどうななのでしょうか?車種別や業者別に詳しくお伝えしていきます。

これを見れば安心だ!トヨタ車の査定を高く売る車査定ガイドをご覧ください。

3、これを見れば分かる!車査定と下取りの情報まとめ

新車ディーラーの下取りと、中古車買取専門店の車査定はどの位の価格差があるのでしょうか?どちらの査定額が高いの?そんな疑問に一つ一つお答えしていきます。

これを見れば分かる!車査定と下取りの情報まとめをご覧ください。

4、車査定 必要書類の情報まとめ

車査定をするときに準備すべき必要書類や、車を売った後の必要書類などを詳しくお伝えしていきます。

車査定 必要書類の情報まとめをご覧ください。

5、車査定 業者の情報まとめ

車査定の業者別ランキングや、口コミや評判などをまとめていきます。

車査定 業者の情報まとめをご覧ください。

6、これを見ないと損をする!車査定の相場は変動する

車査定の相場が変動する時期をご存知ですか?車の相場が変わる時期を把握していれば車査定で損をしません。しっかりと確認しましょう。

これを見ないと損をする!車査定の相場は変動するをご覧ください。

トヨタ車の査定で高く売れる車種を知らないの!?

トヨタ車は最近での販売シェアは約30%となっていますが、30年前の販売シェアは約40%で、相当大きなシェアを誇っていました。最近では、軽自動車やハイブリット車が一般ユーザーからの指示を集め、トヨタ車でも排気量が大きい高級車はなかなか売れにくくなりました。

本当にトヨタ車が高く売れるのか?その車種はどのようなものがあるのかを確認していきましょう。

トヨタ車は本当に高くうれるのか?

トヨタ車は国内だけではなく海外でも人気が高いメーカーです。実際に高く売れるのでしょうか?

ハイブリッド車は国内ユーザーに人気のため高く売れる!

トヨタ車の中でも、人気が高いのはハイブリット車またはハイエースバンやランドクルーザーのように商業車やSUVの車です。

ハイブリット車に関しては、国内の一般ユーザーに非常に人気が高く、軽自動車と並んで人気がすごくあります。トヨタ・プリウスやアクアなどのハイブリッド車はコンディションが良ければ中古車でも価格が落ちにくい車となっています。

商業車やトラックは海外で高く売れる!

ハイエースバンやランドクルーザーに関しては、海外のマーケットで非常に人気が高いので高く売れます。

特に、後進国においてはその70%から80%がトヨタ車です。見る車のほとんどがトヨタ車と言っても過言ではないでしょう。トヨタ車は海外のバイヤーの中で非常に潰れにくく、また部品の流通が多いため海外のバイヤーからは買いやすい車でもあります。

最近では、中国車や韓国車がアフリカ諸国などでも格安に販売されていますが、Made in Japan(メイドインジャパン)のブランドはすごく丈夫な車でつぶれにくい車であるという高いブランドを誇っています。

トヨタ車以外は高く売れないのか?

それでは、トヨタ車以外は高く売れないのでしょうか?他のメーカーの車と比較をしてみましょう。

年式が新しい車は他のメーカーでも値落ちしにくい

日本のマーケットの視点でいきますと、日産やホンダ車などにも、人気車種があり走行距離が少なかったりコンディションが良かったりすると、充分な買取査定額がつく可能性があります。

下取りにおいても同じことが言えるでしょう。

廃車同然の車になるとトヨタ車以外は査定額が付きにくい

しかし、年式が古くなったり走行距離が多くなった廃車同然の車に関しては、トヨタ車以外の車種は海外であまり人気がないため、海外マーケットでも高く売ることができません。

具体的な例として、20年前の車でトヨタのタウンエースノアの100,000キロの査定額はざっと10万円くらいですが、それよりも高級車のホンダのラグレイトで100,000キロの査定額は0円~2万円程度だと思います。

ですから、古くなった車や走行距離が多くなった車に関してはトヨタ車が圧倒的に有利だといえます。

高年式・低走行のトヨタ車で高く売れる車ランキング

新しい年式の車や低走行車のトヨタ車で高く売れる車とはどの様な車があるのでしょうか?値落ちしにくいという視点も含めて確認していきましょう。

ハイブリッド専用車のプリウス

世界初の量産ハイブリッド車として登場したプリウスは、世界中で驚きと称賛をもって迎えられました。 また、ハイブリッド車のパイオニアとしてのトヨタを象徴する車種でもあります。 現行型の4代目プリウスには、トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」が採用されており、軽量・高効率の1.8L直列4気筒ハイブリッドエンジンを搭載することによって、JC08モードで40.8km/Lという他に類を見ない圧倒的な低燃費を実現しています。 プリウスで初の4WD車でもあり、電気式4輪駆動システム「E‐Four」によって、オンロードにおける優れた走行性能を発揮します。 安全性能も非常に高く、衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense P」をはじめとした先進装備を充実させることで、予防安全性能評価における最高ランクの「ASV++」を獲得しています。

クロスオーバーSUVのC-HR

C-HRは、2016年の12月に発売されたクロスオーバーSUVです。トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」を導入しており、同じTNGAの導入車両である新型プリウスと同様のハイブリッド技術が使用されています。パワートレインには、1.2Lの直列4気筒ガソリンエンジンと1.8Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンが搭載され、ハイブリッドモデルはJC08モードで30.2km/Lという、SUVでトップクラスの燃費性能を発揮します。それでいて、SUVとしての走行性能も高く、ハイブリッドとSUVの利点が高いレベルで融合した人気モデルとなっています。

コンパクトハイブリッドカーのアクア

アクアは、2011年から販売されているコンパクトハイブリッドカーです。 ハイブリッド車のパイオニアであるトヨタが長年に渡って培ってきた技術を結集し、「2020年のコンパクトカー」を目指して開発されました。 パワートレインには、1.5Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンを搭載し、JC08モードで37.0km/Lという圧倒的な低燃費を発揮します。 また、安全装備として「Toyota Safety Sense C」を全車で標準装備しており、それでいて価格も非常に手頃なことから、非常に人気の高い車種となっています。

低年式・多走行のトヨタ車で高く売れる車ランキング

年式が古くなったり、走行距離が多くなった車は、主に後進国をはじめとして海外へ輸出されています。

それでは、国別にどのような車が人気なのか見ていきましょう。人気の車と言うものは高い金額で売れる可能性があります。

ケニアのトヨタ車の人気車種ランキング

アフリカでも日本からの輸入台数が多いケニアの人気車種。この国では新車登録から7年前の車が主に輸入されています。

  1. ランドクルーザープラド
  2. カローラフィルダー
  3. プロボックスバン
  4. ヴァンガード
  5. ヴィッツ
  6. ハイエースバン
  7. パッソ
  8. 日産ノート
  9. ホンダフィット
  10. ハリアー

ケニアでは、人気車種ランキングTOP10のうち、実に8台の車がトヨタ車です。

タンザニアのトヨタ車の人気車種ランキング

タンザニアの人気車種とは?タンザニアは新車登録から10年以上前の車も積極的に輸入されています。

  1. イスト
  2. ハリアー
  3. RAV4
  4. パッソ
  5. ランドクルーザープラド
  6. ヴァンガード
  7. 日産エクストレイル
  8. スバルフォレスター
  9. ラウム
  10. ヴィッツ

タンザニアでは、人気車種ランキングTOP10のうち8台がトヨタ車でした。

ご覧頂くと分かるとおり、海外で人気がある車は日本車というよりはトヨタ車といっても過言ではありません。したがって、あなたがトヨタ車を乗っているのなら、輸出業者にも査定をしてもらうのがよいでしょう。

トヨタ車を売るときの、車査定VS下取り

トヨタ車に関しては他のメーカーの車を売却するよりも車査定の方が圧倒的に有利だった、高く買い取ってもらえたなどの意見が多いと思います。

なぜならば、トヨタ車は国内マーケットのみならず、海外でのマーケットでも凄く人気があり、下取りの場合はディーラーや販売店は海外の輸出ルートを持っていません。

したがって、下取りの車をオートオークションで売却をしますが、そこにはマージン(陸送費や事務手数料、オークション会場の手数料等)が引かれた金額になります。廃車買取専門店や輸出業者、解体業者などの古い車を専門的に取り扱う業者にも査定を出すことができますし、トヨタのカローラやプロボックス等の1部の車両に関しては、年式が新しい車も海外に輸出されています。

海外のマーケットの方が高く売れる傾向がありますので、あなたの乗っている車の販売に強い会社を見つけることができるのは車査定であるといえます。

トヨタ車の査定で高く売ることができる車種のまとめ

トヨタ車は世界的に人気の車なので、国内マーケットだけではなく海外マーケットの価格も重要になってきます。したがって、トヨタ車の場合は、下取りよりも複数社の車査定を利用するのが良いでしょう。

車査定の必要書類は何を準備すべきか

車査定を受けるときにどのような書類を準備しなければならないのでしょうか?車を売る前の準備すべき書類と、車を売った後に準備すべき書類の2つを確認していきましょう。

車査定で準備すべき書類とは

車査定を受ける時にあらかじめ準備する書類は何があるのでしょうか?一つ一つ確認をしていきましょう。

自動車検査証(通称 車検証)

車査定を受ける際に、車検証は準備しておくほうがよいでしょう。車の査定額は年式や型式、走行距離などによって大きく変わります。車検証がないと正確な査定額を算出してくれない可能性がありますので、事前に準備しておきましょう。

車検証などの必要書類を準備しなかった場合

車査定のときに、車検証などの必要書類を準備できなかった場合に関しては、後日探して車買取専門店などの査定スタッフにファックスやメールを通じて送らなければならない事もあります。

車を売却した後に準備する必要書類(普通車)

車を売却した後は、買い取ってもらった業者に必要書類を渡します。漏れなく準備する必要があります。尚、必要書類が揃えれない場合は車売買の契約自体がキャンセルになります。

自動車検査証(通称 車検証)

ほとんどの人が、車のダッシュボードの中に入れていると思います。万が一紛失している場合は、再発行が必要ですので契約をした買取業者に相談しましょう。

自賠責保険証

これも、ほとんどの人がダッシュボードの中に車検証と一緒に保管していると思います。万が一紛失していたときは再発行することも可能ですが、車検証の再発行とは異なり少し手間がかかります。

リサイクル券

車検証と自賠責保険証と同じく、車のダッシュボードの中にあるケースがほとんどです。紛失していた場合は、再発行する必要はありません。但し、リサイクル料金が未納の場合に関しては後ほど支払う必要があります。

実印

印鑑証明書と同じ印鑑を準備するようにしましょう。よくあるトラブルとしては、準備した実印が印鑑証明書の印鑑と違うというケースがあります。よく似た陰影の場合は、間違ってしまうこともあると思いますので、事前に確認をしておきましょう。

印鑑証明書

車検証に記載されている所有者の印鑑証明書が必要です。使用者ではなく所有者のものが必要ですので注意しましょう。また、印鑑証明書の有効期限は発行から3ヶ月以内となります。

今年度の自動車税納税証明書

毎年5月頃に支払う自動車税の納税証明書が必要です。コンビニなどで支払いされた方は、その領収書でも構いません。

車を売却した後に準備する必要書類(軽自動車)

軽自動車の場合は、何の書類を準備すればよいのでしょうか?普通車とは異なりますので事前に確認しておきましょう。

自動車検査証(通称 車検証)

ほとんどの人が、車のダッシュボードの中に入れていると思います。万が一紛失している場合は、再発行が必要ですので契約をした買取業者に相談しましょう。

自賠責保険証

これも、ほとんどの人がダッシュボードの中に車検証と一緒に保管していると思います。万が一紛失していたときは再発行することも可能ですが、車検証の再発行とは異なり少し手間がかかります。

リサイクル券

車検証と自賠責保険証と同じく、車のダッシュボードの中にあるケースがほとんどです。紛失していた場合は、再発行する必要はありません。但し、リサイクル料金が未納の場合に関しては後ほど支払う必要があります。

認印

普通車とは異なり、市役所で実印の登録をしている印鑑でなくても手続きが可能です。三本版で構いませんがシャチハタは不可となります。

車査定の必要書類の注意点

上記のとおり、必要書類となりますが、その中で注意すべき点について確認していきましょう。

車検証記載の情報と印鑑証明書の情報が違う

車検証の所有者の氏名や住所と、印鑑証明書の氏名や住所とが異なる場合は、変更したことを証明する書類が必要です。結婚で姓が変わった場合は、戸籍謄本などが必要となり、引越し等で住所が変わった場合は住民票などが必要となります。

所有者がローン会社または他の法人になっている場合

車検証を確認し、所有者欄にローン会社や法人の名義になっている場合があります。その場合は、所有者となっているローン会社などの所有権解除の書類が必要となります。所有権解除の書類とは、印鑑証明書、譲渡証明書、委任状の3つになります。

  1. ローン会社などの所有者の印鑑証明書
  2. ローン会社などの所有者の譲渡証明書(実印押印ありのもの)
  3. ローン会社などの所有者の委任状(実印押印ありのもの)

所有者が死亡している場合

車を売却したときの必要書類として印鑑証明書を準備しなければなりませんが、所有者が死亡している場合は、市役所で印鑑証明書を取得することができません。したがって、相続人の印鑑証明書が必要隣、そのほかにも遺産を相続するための書類が必要となります。

  1. 戸籍謄本(相続人全員が記載されているもの)
  2. 除籍謄本(所有者の死亡が確認できるもの)
  3. 遺産分割協議書(相続人全員の記入押印で代表相続人のみ実印)
  4. 印鑑証明書(代表の相続人のもの)

所有者が未成年の場合

所有者が未成年の場合は、同意書や親の印鑑証明書などが必要になります。

  1. 同意書(親権者のうち一名は実印の押印)
  2. 印鑑証明書(親権者のもの一名)
  3. または戸籍謄本(親権者と所有者の両方が記載されているもの)
  4. 実印(親権者の者)

車査定 必要書類のまとめ

車の査定を受ける時は、事前に車検証などを準備して査定を受けるほうが良いですが、契約が決まってから書類を取得すると時間がかかるケースもあります。車の売却が決まって査定をうける場合は、事前に行動してあらかじめ取得しておくほうが、その後の手続きがスムーズでしょう。

車の買い替えの時に比較してみた車査定と下取りの違い

車変え車を買い換えるときにディーラーや販売店から下取りの査定をしてもらいますが、車買取専門店の車査定とどちらが高いのでしょうか?メリットデメリットの観点両方の観点から見ていきましょう。

車下取りのメリットとは!?車査定と比較してみた

下取りのメリットとは?人それぞれ価値観が違いますので、自分にあった方法で車を売りましょう。

下取りは手間がかからない

下取りのメリットはとにかく手間がかからないって言うことに挙げられるでしょう。

例えば、ディーラーから新車を購入するときに下取ってもらうと、他の買取店に見積もりに行く必要もなく、無駄な時間を費やす必要がありません。

それに加えて、新車には値引きというものが設定されていますので、下取りがあることによって値引き額が大きく増加するという可能性もあります。

車下取りのデメリットとは!?車査定と比較してみた

下取りのデメリットとは?人それぞれ価値観が違いますので、自分にあった方法で車を売りましょう。

下取りは価格がすごく安くなることがある

下取りのデメリットとしては新車を購入するときに、納車待ちが2ヶ月または3ヶ月と長期にわたる場合に関しては、下取り価格が大きく下がる可能性があります。

下取りとは、あなたが車を下取り査定をしてもらったときの査定額ではなく、新車が納車されるときの査定額の想定して査定額として提示をしています。

したがって、例えば3ヶ月後に「これくらいの金額になるであろう」という金額を査定額として提示しますので、どうしても今の価格よりは下がってしまうというわけです。ですから、年末年始に関しては年式が1年落ちますので、新車の申し込みが年内にしたけれど、納車が年明けという場合は、査定額が大きく下がる可能性がありますので買い換える時期や下取りをしてもらう時期に関しては考えて行うことが必要だと思います。

車買取業者の車査定のメリットとは!?下取りと比較してみた

車査定のメリットとは?人それぞれ価値観が違いますので、自分にあった方法で車を売りましょう。

複数社で査定してもらうと、自分の車の価値も理解できる

車査定のメリットとしては、最近では一括査定サイトによって複数の業者に手間無く申し込むことができることだと思います。

車査定というものは複数社の査定を取って、他の業者と競わせることによって金額が上がる傾向にあります。最近では、一般ユーザの車の保有年数の長期化によって車を売却するユーザーがだんだん少なくなってきていますので、一つ一つの買取案件に買取専門店は頑張って買おうと思うわけです。

そのような競争の心理から、欲しい車があれば相場以上の価格で買い取ってもらえることも十分可能です。

車買取業者の車査定のデメリットとは!?下取りと比較してみた

車査定のデメリットとは?人それぞれ価値観が違いますので、自分にあった方法で車を売りましょう。

査定にかける時間を取らなければならない

車査定のデメリットとしては、複数社の査定を依頼した場合、査定の時間を費やさないといけないということにあります。

一般的に便利と言われる一括査定でもデメリットがあります。

査定を申し込むときは、1度の入力で複数社に情報提供することができるため、多くの業者からの査定を受けることができますが、その逆に複数社から多くの電話が鳴り響き、その業者の1社1社の実車査定に立ちあわなければなりません。相当暇な人であれば時間を費やすのは問題ないと思いますが、仕事が1忙しくて土日は家族と一緒にいたい!という方に関しては、なかなかオススメができません。

車査定は、一般的に30分から1時間の査定時間が必要となります。例えば5社に査定してもらった場合は、3時間~5時間の時間が必要になり、土曜または日曜日のどちらか1日が潰れてしまうことになるでしょう。

車査定よりも下取りの方が高く売れる場合がある

テレビやラジオなどのコマーシャルでも、下取りより高くで買います!と車買取専門店が広告を出していますが、下取りの方が高く売れる場合もあります。どんなときなのか確認しましょう。

交渉次第で下取りの方が高くなる

下取りの方が高く売れる場合があります。新車ディーラーや中古車販売店は買い取った車を販売して利益を得るのではなく、今在庫の車を販売をして利益を生んでいます。

したがって、販売する車で十分な利益を確保できる場合は、下取り車があまり利益が出なくても販売店やディーラーは構わないと思っていることもあります。逆に、他の販売店が下取り価格を高く付け、在庫の車gあ売れなくなってしまうことの方が業者は恐怖です。

車買取専門店の場合は、買い取った車を販売することで利益を生んでいますので、その分のアドバンテージがあると思って良いでしょう。

車査定の方が下取りより高く売れる場合もある

車を売るときに下取りより車買取業者の方が高く売れるケースもあります。それはどの様な時なのでしょうか?確認していきましょう。

あなたの車の販売に強い業者に出会えれば圧倒的に買取業者が高い

車査定の方が高く売れる場合の典型的なものは、複数社に一斉に見積もりを取ることができるため、あなたが乗っている車の販売に強い会社を見つけることができるというものです。

例えば、あなたがトラックを乗っていた場合、トヨタや日産などの新車ディーラーに下取りをしてもらうより、トラックの買取専門店に買い取ってもらった方が直接の販路を持っているので高く売れる可能性が極めて高いです。

また、古い車や走行距離が多い車に関しては、輸出会社や解体業者に売らなければならないでしょう。

トヨタや日産のようなディーラーや中古車販売店は古い車を買取りしても、その後には解体業者に販売するため、マージンを引いた査定額を提示しなければなりません。ですから、あなたの車が特に売れにくい車や、特殊な車両の場合は、複数の車買取専門店に査定をしてもらうことをお勧めします。

車査定 下取り 比較のまとめ

車査定と下取りのどちらが高いのかという比較に関しては、あなたが乗っている車や、色やコンディション、また売る時期や新車・中古車の納車まで待つ時間など様々な要因で変わることがほとんどです。

したがって、下取り査定をしてもらった後に、車査定を一緒にするべきだと思います。複数社(2社-3社)に査定してもらうと相場がしっかりと把握することができ、1番高く売却ができる方法だと思います。